温泉の種類①

皆が好きな温泉ですが、種類が沢山ある事に気づきまして、調べてみました。 温泉の質によって、見た目も、効能も様々ですね。 単純泉(単純泉) 含有成分が1.000mg未満 この温泉は、療養泉(医学的に治療効果のある温泉とされるもの)の規定成分が薄いので単純温泉。 入浴してみると、濁った温泉や鉄臭い温泉など色々違いがある。 二酸化炭素泉(炭酸泉) 遊離炭酸1,000mg以上 日本では少なく、貴重な存在。 たとえ低温でも湯上がりの肌は紅潮し、温まる特性がある。 また、脂や汚れを気泡に吸い付けて取り去ることから、最近はエステなどで人口の炭酸泉が導入されている。 毛細血管を拡張、血液循環の促進、血圧低下作用 炭酸水素塩泉(重曹泉) 陰イオンの主成分が 炭酸水素イオン 重曹の働きで皮膚の表面を軟化させるため、皮膚病に効果あり。 さっぱりとした清涼感があり、塩化物泉(食塩泉)とは反対に「冷の湯」とされている。 保湿効果があり肌がしっとり。 塩化物泉(食塩泉) 熱伝導率が高いため入浴時はすぐさま温まる。また入浴後は塩分が肌に付着して汗の蒸発を防ぎ、保温効果が高い。温熱効果によって血行が良くなる。 温泉の種類は、まだあるので、二部構成でご紹介させていただきたいと思います。

    お薦め情報

  • 落ち着きながらワイワイ楽しめる雰囲気のイベントを楽しむ社会人サークルを神戸で探しているなら、社会人らしいモラルあるイベントなので初対面同士で打ち解けやすくてオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 温泉何でもNAVI All Rights Reserved.